古着屋240と、その後

鳥取市にあった古着屋240の話と、projection240のこと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古着屋240 FUCKIN' ORIGINAL PSYCHEDELIC PAINT PANTS with Wrangler 

ちわ?、鳥取市の古着屋240です。

今日はちょっと違った古着屋240の仕事を・・・
古着屋240前のアトリエにて、完成!
通算3本目。

ど?よ?これ!
240 Original Psyche Paint Pants

                                   ¥7,140

240psychepants1


240psychepants2


1本目は古着屋240のオーナーがヘビーローテーションで履き、
今やヒゲまであらわれてきた。
それだけ合わせやすい1品ってことです。

これだけ派手なのに
履いてみると意外となんでも合うんだな!

赤、黄色、緑のラスタカラー中心の配色は、
完全に古着屋240のオーナーの好みだが、
やっぱりラスタカラーは万能になんでもあうのかもしらん。

鳥取市の古着屋240の看板も、ベンチも、
このパンツにしても、
やっぱりラスタカラーで塗りたくるのが一番シックリ来る!
一番ピースな雰囲気を醸し出せる、と古着屋240は思う。

ラスタ看板


ラスタカラーは、もともと
明るい陽気なイメージの聖地エチオピアの国旗の色、赤・黄・緑のことなんだ。

アフリカからジャマイカへ奴隷としてつれてこられた黒人たちが、
アフリカへ帰ることを望んで始まった「ラスタファリ信仰」。
ラスタカラーの語源はそこにあるらしい。

それからラスターカラーは、ヒンズー語で「道」という意味を持っている。
その場合の 「ラスタカラー」は赤・黄・緑・黒の4色。
赤には、戦いで殉死した血、黄(金)では輝く太陽、
緑は豊かな大地、黒は故郷アフリカの意味。
配色順は、必ず真中が「黄色」で、縁取りが「黒」と決まっているらしい。

ジャマイカのレゲエが流行したことで、音楽とともにラスタカラーが用いられることも多いが、
古着屋240の場合は、ラスタカラー好きになってからレゲエ自体も好きになった。
古着屋240がドレッドにしたかったのも、レゲエが好きだからというより
KoRnが好きだけーだったりする。

ラスターカラーの4色が大好きな古着屋240だが、
思うになんか元気が出る組み合わせだと思う。

みんな元気になろうぜ!!って願いを込めて、
鳥取市の古着屋240は、ラスターカラーがいっぱいだぜ。
関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。